Date

最新のシミに効く薬

最新のシミに効く薬情報サイト
Breast Cancer Ribbon

シミに効く薬と化粧品

女性にとって、美白やスキンケアは永遠の課題だと言っても過言ではありません。

「色の白いは七難隠す」

とも言われますが、歳を重ねるにつれて、七難だけでは難は隠しきれない現状になっています(汗)。

化粧品にかける価格も昔に比べると年々増えていってるように思います。

化粧品といっても、使う基礎化粧品の種類も増えつつあり、若い頃は化粧水に乳液程度で充分潤いましたが、今では化粧水と乳液の間にはかなりの工程があり、UVクリームや保湿クリーム、なかなか乳液までに辿り着くことはできなくなりました。

顔のシミに気づいた時点に対処していればこんな事にはならなかったのでしょうが、今では薬局にいくたびに、シミに効く薬を探しています。

以前はシミに効く薬がよくわからなかったので、価格の安い物や、化粧水で美白と表示されている物を購入していましたが、それではシミが無くならない事を知り、今では成分をちゃんと見て購入するようになりました。

なんとなくで、きれいな素肌を手に入れることはできないようです。

美白化粧品とは、文部科学省で決められた法則があります。

文部科学省が定める、美白成分が配合されていないと、美白化粧品として、売り出すことは禁止されています。

よく、耳にする成分が多いのですが、「ビタミンC誘導体」

や「トラネキサム酸」、「ルシノール」などです。

これらは肌に直接塗るタイプの美白化粧品になります。

いわゆるシミに効く薬ではないのです。

シミに効く薬は塗り薬と服用する薬があります。

女性のホルモンバランスのくずれにより出来る肝斑の薬は、薬局でも処方箋なしで購入できるようになりました。

この薬は、継続して2カ月もしくは3ヶ月以上服用してはいけないので、効き目が出にくい人や、早くなくなってほしい人は服用に並行して、塗り薬も塗布するようです。

この肝斑は、美白化粧水だけでは、無くならないシミです。

そもそも、美白化粧水でどれだけの効果が期待できるのしょうか、詳しくはこちらになります。

シミに効く薬を知りたい方はこちらへ

シミの予防のためにも美白化粧水はシミ予防のためにも継続して使用をお勧めします。

Comments are closed.